愛するペットの突然の死。ペットロスから克服する方法とは?

愛するペットが亡くなると、ともに長い時間を過ごした家族は悲しみにくれます。中には精神的なショックで、仕事などの日常生活が手につかなくなる人も少なくありません。 ペットロスを克服し、再び前を向いて歩きはじめるためには、十分な時間をかけて心の整理をすることが大切です。 ここでは、ペットを亡くしたときの心構えや、強い悲しみを和らげる方法、そしてペットロスを癒やしてくれるメモリアルグッズをご紹介します。

2018/7/20更新

ペットロスの悲しみから立ち直るために必要なこと


思いきり泣く

愛するペットの死に強い悲しみを抱くのは、人間としてとても自然な感情です。悲しみを無理に押し殺したり、忘れたりしようとせず、思いきり泣いて解放してあげましょう。
中には、悲しみとうまく向き合えず、別のこと(仕事やお酒など)に没頭して、無意識に忘れようとする人もいます。 しかしそれでは、悲しみが癒やされないばかりか、健康を損なったり、心を病んでしまったりする可能性もあり、おすすめできません。
泣くことは決してネガティブな行為ではなく、悲しみを癒やすために必要なプロセスです。自分の感情にフタをせず、しっかり向き合うことが大事です。

悲しみを分かち合う

ペットを亡くして間もないころは、強い悲しみとともに「もっと○○していれば」「あのとき○○しなければ」など、後悔や自責の念が次々と押し寄せてくるものです。 そうした強い感情にたった一人で立ち向かえるほど、人間は強くありません。 自分だけで抱え込まず、周囲の人と悲しみを分かち合うことができれば、心の中が整理され、ペットロスを克服しやすくなります。
そのとき、できるだけ生前のペットとあなたの関係をよく知り、理解してくれている人を選ぶようにしましょう。 人によっては、ペットロスの悲しみが理解できなかったり、「ペットが亡くなったくらいで」と軽視したりする場合もあるからです。 悲しみを分かち合うつもりが、逆に責められてしまっては、悲しみをさらに深めてしまうことになりかねないので、注意してください。

頑張りすぎない

ペットロスの克服に無理は禁物です。時々、「いつまでも泣いていてはだめだ」と無理に立ち直ろうとしたり、周りに心配をかけたくなくて、無理に明るく振る舞ったりする人がいます。 しかし、無理をすればするほど、押し殺した悲しみがさらに大きくなって降りかかってくる場合があります。 また、悲しみを振り切ろうと、旅行や引っ越し、転職などを計画する人もいますが、環境の大きな変化は逆に新たなストレスにもなりかねません。 ペットへの愛情が人それぞれ異なるように、ペットロスの克服にかかる時間も、人によって異なります。悲しみが癒えるまで決して無理はせず、落ち着いた環境の中でゆっくり過ごしましょう。

メモリアルグッズを作る

ペットが亡くなった後、生前のペットの写真を眺めて、悲しみを癒やす人は少なくありません。 お気に入りのベストショットを使ってメモリアルグッズを作り、身近に置いておくことも、悲しみの克服に役立ちます。 「Fabmille(ファブミル)」では、スマホなどで撮ったペットの写真をアップロードするだけで、オリジナルのメモリアルグッズが簡単に作れます。ここでは、おすすめのグッズをいくつかご紹介します。

アクリルキューブ


アクリルキューブ 20mm

アクリルキューブに、スマホで撮った写真を直接印刷できるグッズです。透明度が高いので、写真に奥行きと立体感が生まれ、被写体の美しさが際立ちます。 ペットの生き生きとした表情をそのまま閉じ込めておけるため、遺影代わりに飾ってもよいでしょう。写真の裏に白色印刷をするタイプとしないタイプを選ぶことができ、前者は落ち着いた仕上がりに、後者は透明感を活かした仕上がりになります。

   詳しくはこちらへ   

フォトパネル


PNL_L030

表面を光沢のあるグロス仕上げにした、ハードボード製のフォトパネルです。生前のペットのベストショットを、色鮮やかに美しいまま残すことができます。 表面に文字を入れることもできるので、ペットの名前やメッセージを入れて、リビングなど目に入るところに飾ってみてはいかがでしょうか。

   詳しくはこちらへ   

タオル


ペット_ハンドタオル024

いつも持ち歩くハンドタオルに、大好きなペットの写真をプリントしませんか。 デザイン枠を選んで、ペットの写真をアップロードすると、簡単にオリジナルタオルが完成。好みでメッセージも入れられるので、愛するペットへの気持ちを表現できます。

   詳しくはこちらへ   

ノート


ペット_ノート011_3冊セット

ペットの写真を表紙にレイアウトできる、カスタマイズノートです。あらかじめ用意されたデザイン枠に、ペットの写真をアップロードしてレイアウトするだけで簡単に作れます。 B5サイズの3冊セットで、中身は無地。バッグに常備しておけば、メモ帳として職場や学校などで活躍してくれるだけでなく、ペットをいつも身近に感じられます。

   詳しくはこちらへ   

ストラップ


オリジナル写真ストラップ

スマホやバッグなどに付けておきたい、写真入りストラップです。直径約3㎝の円形パーツの中に、好みの写真を入れることができます。裏と表に別々の写真を入れてもOK。 表にペットの最近の写真、裏にペットが小さかったころの写真を入れて、一緒に過ごした時間を振り返ってみてはいかがでしょうか。ビーズの色は、水色・緑・黄色・ピンクから選べます。

   詳しくはこちらへ   

キーホルダー


Myキーホルダー(スモールサイズ)

ペットのお気に入りの写真を、アクリルプレートに直接印刷するキーホルダーです。ハートや星形などのほか、被写体の輪郭に合わせて切り抜くタイプもあり、ペットのかわいいポーズをそのまま活かした、ユニークなキーホルダーが作れます。 金具はストラップやナスカン、ボールチェーンの3種類があり、つり下げる場所によって選べます。スマホやバッグに付けて、愛するペットと一緒にお出かけしましょう。

   詳しくはこちらへ   

まとめ

ペットロスを克服するための方法と、おすすめのメモリアルグッズをご紹介しました。
ペットを亡くしたときの悲しみの深さは、生前のペットへの愛情の深さを反映していると言われます。悲しみが深いのは、ペットへの愛情がそれだけ深かったということ。無理に忘れようとせず、悲しみと向き合うことが大切です。 そのとき、ペットの写真を使ったメモリアルグッズは、きっとあなたの心の支えになってくれることでしょう。

その他のおすすめイベント

PAGE TOP